睡眠時間 長い 短い 理想

理想の睡眠時間とは

スポンサーリンク

人間にとって睡眠とはなくてはならない欲求の一つです。人生の3分の1は睡眠時間というほど、睡眠というのは人間にとってとても大切なものになっています。
このサイトではそんな睡眠時間のことについていろいろ書いていきますので、皆様の参考になれば思います。
このページでは、理想の睡眠時間について見ていきたいと思います。
ぜひ自分にあった睡眠時間を見つけてみてください。
現在の日本人の睡眠時間はどうなっているのでしょうか。
日本人の平均睡眠時間は7時間23分と年々減少傾向にあります。
一つの例として理想の睡眠時間は4時間半という説もあります。平日は午前1時から午前5時半の4時間半にするのがいいのです。なぜかといいますと、睡眠中にはレム睡眠とノンレム睡眠という睡眠があり、このサイクルを繰り返しています
このサイクルから4時間半程度で深い睡眠が得られています。

スポンサーリンク

そして他にも6時間から8時間の睡眠がいいとされているということもあります。
寝すぎてしまうと病気になるリスクが上がるというデータも出ています。
何が正解というのは、本人にしかわからないということになります。
こういったことから、ピンポイントな答えはありません。睡眠時間には個人的なばらつきが多いので、一概に全員に当てはめることができないのです。

 

睡眠時間もすごく大切ですが、それと同じくらい大切なのが、睡眠の質であります。
質の良い睡眠とは、目が覚めた時に、すっきりとしていて、よく寝たという満足感が得られている状態のことを言います。

 

睡眠の質を上げるためにはどうしたらいいでしょうか。睡眠の質を上げるためには、空気が綺麗なところでないといけません
起きている時と同じくらい、空気を吸うので、睡眠時の空気が悪いと、良い睡眠はとれません。まずは部屋を綺麗にしていきましょう。

 

そして床から30センチの高さに一番ホコリが溜まっていると言われています。人が寝ている時にも、この高さになりますよね。可能であれば、部屋に空気清浄機を置きましょう。寝ている時に吸う空気はとても大切になります。
部屋に空気を綺麗にするものがあれば安心ですよね。ぜひ質のいい睡眠を取れるようにしていきましょう。

スポンサーリンク