高校生 睡眠時間 理想

高校生の理想的な睡眠時間

スポンサーリンク

睡眠は大切な物。睡眠不足だとどこか体から力が出ないですよね。
それは、誰もが知っている事ですが、その理由について詳しく理解している人間などそうは居ないでしょう。
理解には当然専門的な知識が必要となり、専門医や研究者でさえ睡眠というカテゴリーで全ての知識に精通している人間はそう居ないのです。
とはいえ、一般的に睡眠を大切とするには相応の理由があり、これは常識の範疇で知っておくべき事。
その幾つかの理由について、少し考えてみて下さい。
先ず、睡眠が持つ最も重要な意味とは、肉体と精神の回復。
人間の身体は常に活動しており、怪我や疲労も当然自然と回復して行きます。
ですが、その活動には活発になる周期という物が存在し、それこそが睡眠時。
就寝から凡そ30分程度が最も活発化し、疲労の回復速度も早いそうです。
スポンサーリンク

高校生の理想的な睡眠時間は、凡そ8時間から9時間とされています。
対して、幼児の理想的な睡眠時間は12時間ほど。
これが何を意味するのか、というと、答えは単純です。
幼い子供は成長が早く、それだけ肉体を大きく発達させる必要があります。
対して、高校生ほどの年齢になると、成長に必要なだけの睡眠活動時間が少なくて済むからです。
勿論、細かい話しを始めれば他にも重要な理由は幾つもあるのですが、大まかに言えばそういう事。
ただし、学生である以上はもう一つ睡眠に大きな価値があるかも知れません。
科学的にも医学的にも立証はされていませんが、睡眠によって記憶が整理され、知識を知識としてしっかり保存する為に必要である可能性もあるそうです。
そうした意味があるかも知れない以上、学生であれば尚の事、十分な睡眠時間を確保する必要が認められます。
スポンサーリンク