睡眠時間 体重

睡眠時間は体重の増減にも影響がある

スポンサーリンク

睡眠時間は健康に影響があると言われていて、睡眠の大切さを唱えている専門家は多くいます。
ある研究では一番良い睡眠時間は6時間半から8時間半以内との結果が出ています。
また睡眠時間の長さだけではなく睡眠の質や就寝と起床時間も体重に関係しています。
一般的に質の良い睡眠とは体だけではなく脳も休んでいる状態を指します。
人間の体は睡眠に入る前に一旦体温が上昇し、そこから下降する事で自然と眠る事ができます。
この自然な睡眠状態を作る事が大切と言われていて、その為にはいくつかの事柄が挙げられています。
まず一つ目は体をリラックスさせる事です。
リラックスさせる為にはストレッチが効果的と言われていて、実際に行った場合は脳がリラックスした状態である事が研究から明らかになっています。
スポンサーリンク

二つ目はパソコンや携帯といった光を避ける事です。
これらの光には脳を刺激する作用があり、専門家は就寝の1時間から2時間前には見ないようにする事が大切と指摘しています。
そして三つ目は食事の時間です。
食事は体重に関係してきますが、就寝の3時間前には食事をしないようにする事が大切と言われています。
3時間というのは消化にかかる時間を指していて睡眠中に消化が続いている状態では体重が増加しやすいといった研究結果も出ています。
実際に食事の時間を気を付ける事で体重が減るといった効果も報道されているので、就寝時間と食事の時間は大切となります。
健康を維持していく為には睡眠は重要であり、また質の良い睡眠を行う事で適切な体重管理も可能となっています。
スポンサーリンク