睡眠時間 奇数

睡眠時間が奇数だとすっきり起きれる理由とは

スポンサーリンク

私たち人間には、それぞれ個人で一番適している睡眠時間というものがあります。
これはひとりひとりで違っているので、自分なりのベストな睡眠時間を見つけたいものです。
日によって疲れ具合も違うでしょうし、体調も違うのでそれはそれはなかなか難しいと思われるかもしれません。
ですが人間にとって丁度良い睡眠時間というものが、近年の様々な研究によって解明されつつあります。
睡眠時間が短くても、朝すっきりと起きれるとよく寝た、今日は気分が良いと感じることができます。
朝なかなかすっきりと目覚めることができないという人が、すっきりと目覚めることができるこつは、睡眠のサイクルを理解し上手にコントロールしていくことにあるのです。
奇数の時間眠ると良いと言われているのはこのサイクルに関係しているからなのです。
スポンサーリンク

基本的に人間がスッキリと起きられるようにする時には、90分を1つの単位として考えて起きる時間を決め、目覚まし時計をセットするといいでしょう。
これはなぜかというと、人間の睡眠サイクルである、ノンレム睡眠とレム睡眠に関係しているからなのです。
ノンレム睡眠とは、脳が完全に休息している状態で、眠りが深い状態のこといます。
この時に起こされてもなかなか起きることができず、無理やり起きてもぼーっとしてしまいます。
このように完全に眠っている状態のノンレム睡眠と逆で浅い睡眠のことをレム睡眠と言います。
もしあなたがすっきりと目を覚ましたい時には、睡眠時間を奇数に設定しコントロールして、レム睡眠の時に起きるのが望ましいのです。
スポンサーリンク