天才 睡眠時間

天才の睡眠時間が少ないという話は本当なのか

スポンサーリンク

 みなさんは天才に対してどのようなイメージを抱いていますでしょうか。
頭が良いというのは当たり前にしても、その他の行動に関しても、エキセントリックな言動が多いと言うイメージがあるかと思います。
その1つに『睡眠時間が極端に少ない』という物があるかもしれません。
頭の良い人は寝食を忘れて1つの事に没頭する…と言われています。
では、本当に睡眠時間が少ないものなのでしょうか。
今回は、このあたりの解説を行いたいと思います。
 実は人間は、眠る時間によって大きく2パターンに分類する事ができます。
1つはロングスリーパーと言い、長時間の睡眠が必要なタイプ。
もう1つはショートスリーパー。
短時間の睡眠で十分なタイプです。
では、天才はショートスリーパーなのでしょうか。
スポンサーリンク

 結論から言ってしまうのであれば、両方のパターンが存在します。
天才の中にもロングスリーパーが多数存在し、普通の人以上の睡眠が必要です。
 そして、ショートスリーパーの人であったとしても、実はそこにはカラクリが存在します。
ショートスリーパータイプの場合、1度の睡眠時間は少ないのですが、細々とした睡眠をこまめに取ります。
つまり、仕事の合間や休み時間に短時間の睡眠をとるのです。
その結果、合計としては普通の睡眠と変わらない時間を確保しているのです。
 天才だからと言って睡眠が不必要ではなく、余った時間を上手く使い、こまめに休んでいるのです。
 人の眠り方にはパターンがあり、それを変えることは非常に困難です。
天才の眠り方を真似したからと言って、そうなるわけではないのです。
 スポンサーリンク