40代 睡眠時間

40代に最適な睡眠時間の確保

スポンサーリンク

睡眠時間は人それぞれですが、40代では5時間から6時間ほどを確保できると十分といえます。
年代的に体力の衰えや加齢による老化現象が始まるころです。
たっぷりと睡眠時間を取ろうとしてもまとめて睡眠が取れなくなってきます。
できるだけ同じ時間帯に睡眠できるように就寝時間を守ることが大切です。
そのためには、規則正しい生活リズムを送ることが重要です。
毎日夕食を食べ、入浴を済ませたあとのゆとりも必要です。
仕事や都合により就寝時間は異なりますが、決まった時間に就寝することを心掛けると深い睡眠が取れるだけではなく、疲れやストレスなどの解消につながります。
また、翌日の目覚めも快適なので一日の始まりを気持ちよく迎えることができます。
スポンサーリンク

40代の理想的な睡眠時間は5時間から6時間ですが、この睡眠中に一度でも目覚めることがある人はお昼休みなどを利用して睡眠を取るように工夫してみることも大切です。
眠気が来ることは人間の自然な生理現象なので、我慢することは身体に何らかの支障がでてきます。
眠気が来たら少しでも身体を休ませるようにして睡眠時間の確保に努めることです。
最近は快眠グッズとよばれる快適に睡眠が取れるようなアイテムがあります。
外出先では、これらを利用することで眠ることができます。
後ろ首に引っ掛けることのできる簡易まくらや肌にやさしい素材でできたタオルケットなどをはじめとして便利なグッズが多種多様に販売されています。
自分に合ったアイテムを探してみることをおすすめします。
スポンサーリンク