東大生 睡眠時間

東大生の睡眠時間について

スポンサーリンク

ベストな睡眠時間には個人差があると言われています。
ですが、一般的には約7時間程度が平均的な睡眠時間です。
東大生の場合にはやや少なく、平均6時間半前後という調査結果が発表されています。
睡眠は人間が活動するために絶対欠かせない行動であるため、東大生の場合も一定の時間を確保しているのが現状です。
試験に臨む時や短期間で知識を習得する必要がある場合には、概して睡眠時間を削りがちです。
眠る時間を学習時間に当てることで、その分成果を得ようというのがこういった場合の狙いと言えます。
ですが、睡眠時間を削ると脳の働きが低下してしまうことが問題です。
起床している時間が長くても、実際のパフォーマンスが落ちてしまうのがこのようなケースと考えられます。
スポンサーリンク

短時間の睡眠でも問題ないタイプの方を、一般的にはショートスリーパーと呼びます。
一方、10時間以上眠らなくてはすっきりしないといったタイプがロングスリーパーです。
歴史上の人物を見ても、睡眠のタイプはこういった2タイプに分かれる傾向があります。
現代人の場合には、生活スタイルから否応なくショートスリーパーになってしまうのが現実です。
ある調査では、ショートスリーパーの方が寿命が長いという結果が出ています。
ロングスリーパーの場合には、心臓の病気などに罹患する確率が若干上がるとされており、睡眠時間は健康状態を考える上でも一つの指標です。
最近では極端に長く眠る過眠症と呼ばれる病気も登場しており、ストレスや心理的問題との関連が取り沙汰されています。
スポンサーリンク