徹夜 回復 睡眠時間

徹夜の疲れを回復する睡眠時間のとり方

スポンサーリンク

 ほとんどの人は真夜中まで仕事をしたくありませんが、急な仕事で徹夜をしなければならないときがあります。
この時は2つのことを考えなくてはなりません。
仕事をこなすための集中力の持続と、睡眠不足からの回復です。
 昼までに徹夜が分かっているときは午後4時までに1時間半程度の睡眠をとるのが効果的とされています。
この仮眠は夜間の集中力を落とさない効果があると言われています。
さらに、午前2時から4時位の間に15分から20分位の睡眠時間を確保しておくのがよく、少ない時間であっても疲労回復に効果があります。
 徹夜が夜になってから分かった場合や、残業してたら徹夜になりそうな場合には、1時間半から2時間ごとに15分から20分の仮眠をとるのが効果的です。
ガムを噛んだりして気を紛らわしても疲労はなかなか取れません。
スポンサーリンク

 徹夜して帰ってきたとき、その日は明休というのが普通ですから、家でゆっくりと休めます。
しかし翌日には仕事がありますので、それまでに疲労を回復しておかなくてはなりません。
ダメージ回復には、睡眠時間と食事が重要になります。
 家に帰るとまず朝食ですが、タンパク質の多い食事をとり、眠ければ2時間から3時間眠ります。
中には、疲れているのになかなか眠れない場合がありますが、夜眠るときと比べて環境が違うことが大きな要因です。
部屋を暗くして眠れなくても動き回らず、家の人にはできるだけ音に気をつけてもらいます。
食事は3食をきちんと食べ、生活のリズムを保ちます。
 夜はぬるめのお湯にゆっくりつかって疲れを取り、早めに床につきます。
 翌朝は目覚めると外で太陽の光を浴び体内時計をリセットします。
日光は身体を覚醒させてくれ、普段の生活のリズムに戻してくれます。
スポンサーリンク