7時間半睡眠 効果

7時間半睡眠の効果について

スポンサーリンク

睡眠は短時間でも長時間でも体によくありません。
理想は7時間半睡眠として知られています。
その効果について説明します。
 睡眠不足が原因で生活習慣病にかかる方が多くいる事が最新の研究で分かりました。
生活習慣病の患者さんは、眠りに何かしら問題をお持ちの方が多くいらっしゃいます。
高血圧や糖尿病の患者さんの場合、その割合が2人に1人と、とても多いことがわかっています。
眠れずに睡眠時間が不足したり、眠れていても質の良いぐっすりとした睡眠がとれない場合、血圧や血糖値のコントロールに悪い影響を及ぼすことがあります。
そこで7時間半睡眠をとると、その効果で血圧や血糖値が改善する可能性もあることがわかっています。
生活習慣病の患者さんにとって、眠りは食事や運動とともに症状改善にとても大切な要素なのです。
スポンサーリンク

一方、生活習慣病でない方でも眠れない状況が続くと高血圧や糖尿病になりやすく、最新の研究では睡眠時間が短いと動脈硬化が進むという報告もされています。
動脈硬化は、高血圧の原因となるだけでなく脳卒中や心筋梗塞のリスクも高めます。
いかにぐっすり寝るかが健康的な生活につながるのです。
しかし、残念なことに眠れないことが習慣化し、自分では大したことではないと思っている方が多いようです。
食事や運動に気を配り処方されたお薬を飲んでいても眠れないことでその努力が報われないならば、眠りについて見直してみましょう。
生活習慣病は患者さんと医師とが話し合いながら治療していく病気です。
特に眠りは食事や運動と異なり、自分の意志だけでは変えることが難しいものです。
もし眠りについて気になる事があれば、医師に相談しましょう。
ぐっすり眠るための治療や、眠りのアドバイスをしてくれるでしょう。
スポンサーリンク