睡眠時間 体質

睡眠時間を確保して体質改善

スポンサーリンク

体のだるさ、体調を崩しやすい、疲れやストレス、記憶力や集中力の低下、肌荒れなどの不調に悩まされている人は多いのではないでしょうか。
その症状は睡眠不足が原因である可能性があります。
睡眠には様々な効果があります。
脳や体を休ませる、脳にインプットした情報を記憶して定着させる、成長ホルモンを分泌させ老化を防止する、自律神経を整えてストレスを軽減させる、代謝や免疫力をアップさせるなどがあります。
しかし、現代人の睡眠時間は減少傾向にあり脳や体に様々な悪影響を及ぼしています。
忙しさでつい睡眠時間を削ってしまっているという人も多いのではないでしょうか。
様々な不調を緩和させるためには、質の良い睡眠を意識して体質を改善させることが重要です。
スポンサーリンク

忙しい1日の生活の中で比較的削られてしまいがちなのが睡眠時間です。
まずは、睡眠時間をきちんと確保することを心がける必要があります。
生活のリズムとして習慣づけることが大切です。
そして、睡眠に対する意識を高めて質にこだわることも重要です。
そのためには、快眠を妨げるものを取り除く必要があります。
快眠を妨げるものとして、カフェインやアルコールの摂取、寝る直前の食事や運動や入浴、パソコンやスマートフォンの画面から発せられる光などがあります。
これらを避けることでリラックス効果が高まり睡眠の導入がスムーズになります。
物音に敏感ですぐに目が覚めてしまったり寝つきが悪い場合は、アイマスクや耳栓を使用して外部からの情報をシャットアウトするのも効果的です。
良質な睡眠を心がけて病気やストレスに負けない体質づくりをしていきましょう。
スポンサーリンク