ランナー 睡眠時間

ランナーに必要な睡眠時間

スポンサーリンク

ランナーにとって睡眠時間の確保は、日頃のトレーニングと同じくらい重要なものです。
寝不足の翌日に走ったとしても良い結果が出ないのは明らかでしょう。
ランナーにとっては、体力だけではなく、精神力も求められるため、精神的にも寝不足では不利です。
ここまでは、非常に当たり前のことを書きましたが、睡眠時間の確保は単に疲れを取るだけの意味ではなく、トレーニングそのものだと考えています。
特に長距離ランナーにとっては、重要です。
長距離の能力をあげるポイントは負荷の高いトレーニングではなく、疲労を翌日に残さない方法を身につけることが大切で、その一番手っ取り早い方法がたくさん寝ることだからです。
なぜ、疲労を取ることが重要なのでしょうか。
スポンサーリンク

長距離の練習では、超回復のサイクルに沿った練習が効果的です。
トレーニングを行うと筋肉は傷つき疲労しますか、その回復の過程でトレーニング前の筋力以上に筋細胞が強くなります。
これを超回復といい、このサイクルは2、3日と言われています。
この超回復が起きているときに、再度トレーニングを行うと、筋力が効率的に鍛えられます。
つまり、トレーニングは2、3日に一回程度は行う必要があると言うことです。
負荷が軽いトレーニングなら良いのですが、それなりに負荷の高いトレーニングを2、3日間隔で行うためにはひろうを取ることを意識しないと続けられません。
そういう意味では睡眠時間を確保し、しっかりと疲労を取ることもトレーニングの一つと言えます。
スポンサーリンク