受験生 睡眠時間 5時間

受験生が、睡眠時間5時間で乗り切るための方法とは

スポンサーリンク

そろそろ、受験シーズンがやってきますね。
受験生にとって、この冬は、踏ん張りどころと言った感じでしょうか。
多くの受験生が、睡眠時間を削って、勉強に取り組むことと思います。
しかし、睡眠時間をどこまで削るのか。
理想から言うと6から7時間の睡眠が必要と言われていますが、そうも言ってはいれないのももっともです。
たとえば5時間の睡眠で乗り切るとしましょう。
これならば、そこそこ勉強もできるでしょう。
けれども、始めたばかりのころは、元気であっても、疲れがたまり、頭が働かず、ましてや風邪をひいたり、体調をこわしてしまっては、かえってマイナスになってしまいます。
睡眠時間が5時間であっても、質の良い睡眠で、疲れをしっかり取ることが必要となってくるのです。
スポンサーリンク

では、受験生が、睡眠時間5時間で、成果を得るためには、どのようにしたらよいのでしょうか。そのことについて触れていきましょう。
まず、同じ時間の睡眠でも、どの時間帯に眠るかによって、体の休まり方が変わります。
人のホルモンなどの分泌は22時から翌朝2時にもっとも盛んになると言われます。
なので、おそくとも、12時をまたがずに眠ることが大事です。
そして、どのような状態で、眠るかが大事です。
明るい場所や、うるさい場所、まして、スマホなどを横に置いていては全く安らがない状況です。
眠るときは、電気を消し、テレビやスマホなども近くに置かず、静かな状態で眠るようにしましょう。
さらに、就寝前の飲食は、体に負担をかけてしまいます。
就寝前3時間は、温かいノンカフェインのハーブティーや、白湯などを飲み、リラックスすると効果的です。
このように、睡眠時間5時間でも、しっかり体を休め、この冬を乗り切ってほしいと思います。
スポンサーリンク