座禅 睡眠時間

座禅と睡眠時間の関係

スポンサーリンク

座禅と言えば人生に迷いが生じたときに寺の門を叩き、そこでするものだという印象があります。
これは日常生活において宗教をあまり意識することがない、日本人の習慣による部分が大きいためです。
 そしてその座禅と睡眠時間は、実は密接な関係にあります。
これはそれをやっているときに居眠りをするから、お寺にいる間はあまり布団で眠らなくなるという意味ではありません。
 座禅は、それをしているときに、見張りがつく規則になっています。
これは僅かでも姿勢が崩れると、見張りの人が居眠りをしたと判断し、肩に一喝をくれます。
それで目が覚めるため、眠たくても眠れないというのが実情です。
これはテレビや小説などでそれが持ち出されるときによく出てくる情景なので、イメージがわく人も多いものです。
 では、何故それをすると睡眠時間が短くなるのかと言えば、心が落ち着くため、眠りの質が向上するからだと言われています。
 人間は日常生活を続けるうちに、ストレスをため込んでしまいます。
それが払拭されるのです。
スポンサーリンク

 座禅をすると睡眠の質が向上するというのは、単なる精神論ではありません。
実は科学的な裏付けがあるのです。
 それをするときの姿勢を正しく保つと、人間は意識しないうちに腹式呼吸ができるようになります。
そして腹式呼吸を続けていくうちに、いつの間にかリラックスができるようになるのです。
 そして睡眠はリラックスできているかどうかで、その質が変わってきます。
不眠で苦しんでいる人に対し、寝る前に興奮するようなことをするなというのは、単に寝付きが悪くなるだけではなく、眠っても疲労回復をあまりしなくなるためだからです。
 しかし、興味はあっても禅寺で本格的な修行を受ける時間も余裕もないという人は少なからずいます。
そういう人は、座禅を取り扱っているお寺のホームページをチェックしてみましょう。
 詳しいやり方が記載されていることもあれば、住職が出張してセミナーを行っている旨を記しているところもあります。
 睡眠時間を充実させたい人は、それらを参考にしてみましょう。
スポンサーリンク