睡眠時間 短い 寿命

睡眠時間の短い人は寿命も短い

スポンサーリンク

人間で最も大切なことは、睡眠です。
十分な睡眠時間で疲れた体と心をゆっくりと回復しなければなりません。
人は、毎日仕事や家事、育児、人間関係の付き合いなどで疲れています。
その疲れを取る方法が睡眠です。
人には、ぞれぞれ生活スタイルがありますが、夜の10時か11時には就寝して朝は6時か7時には目覚めるというスタイルが理想とされています。
睡眠時間が極端に短いと寿命も短くなるとも言われています。
睡眠時間が十分でなく短い人は、思考能力に欠けてしまいます。
頭の中はいつも眠気でボーとします。
考える能力が不足して良い案も浮かびません。
仕事も機敏に正確に行動することも判断することもできません。
そんな毎日が続くと体も心も疲れてしまいます。
ストレスを抱えて生きていくことになります。
ストレスを抱えて生きている方は、寿命を短くしてしまいます。
睡眠と寿命について考えてみることが長生きの秘訣として良いかもしれません。
睡眠の意味を理解しましょう。
スポンサーリンク

毎日の日常生活の疲れを取るための睡眠ですが、病気になった時にも睡眠が重要な役割をします。
寝ることによって病気に冒されている体をゆっくり休ませることができます。
様々な役割を持っている睡眠ですが、健康で長生きをするためには、欠かせないものです。
健康で長生きするためには、栄養バランスの良い食事、運動、十分な睡眠時間が必要となります。
バランスの良い生活スタイルの方は、精神的にも安定してストレスもなく楽しく暮らしていることでしょう。
短い睡眠時間で疲れている方は、ゆっくり休むことが必要です。
1日ゆっくり眠ることだけでも体の疲れは取れます。
眠ることによって何も考えることなく無になることが人間には必要なのかもしれません。
1日の終わりに必要なことが睡眠です。
理解して生活すると生活スタイルに変化が出ます。
睡眠時間が短い方は、生活習慣を見直す必要があるかもしれません。
健康に寿命を延ばすために努力や工夫をしましょう。
スポンサーリンク