睡眠時間 コントロール 方法

睡眠時間のコントロールに効果的な方法

スポンサーリンク

睡眠時間は起床時の体調に大きく影響します。
たとえば、数時間程度しか眠る時間がなかった場合、体が十分に休まっていないため、予定していた時間に起床できなかったり、起床時に怠さを感じたりなど、体調が悪いと感じる場合はあります。
また、長時間睡眠を取れば体調が万全になるとは限りません。
眠っている間もエネルギーは消費しています。
そのため、長時間睡眠についても起床時に怠さや疲労を感じる状況は考えられます。
つまり、短時間でも長時間でもない睡眠時間が体を休め、快適な目覚めを実現するために欠かせません。
ベストな睡眠時間には個人差があるため、自分で発見することが大切です。
一般的には7時間程度がベストとなっていますが、7時間より短い場合や長い場合の方が体のコンディションが良い場合もあります。
ですから、7時間を基準として30分や1時間前後で起床してみることで、自分にとってベストコンディションを維持できる睡眠時間がわかります。
スポンサーリンク

睡眠時間には個人差があるため、コントロールするのは簡単なことではありません。
しかし、決して不可能なことではないです。
たとえば、目覚まし時計や携帯電話のアラーム機能を使用せずに起床するためには、頭の中で起床したい時間を思い浮かべながら就寝する方法が効果的です。
人間は意識しなくても手や足を動かすことは可能ですが、意識すればより動かしやすくなります。
そのため、就寝前に起床したい時間を頭の中で思い浮かべる方法は効果的です。
ただし、コントロール可能な方法とは言っても、あまりにも疲労度が高かったり、睡眠不足だったりなどの場合は、自分の意識に反して体が睡眠を欲してしまい、上手くコントロールできない状況は考えられます。
起床する時間を思い浮かべて就寝する方法は効果的ですが、その時の疲労度やそれまでの睡眠時間による影響は大きいです。
ですから、予定している時刻に必ず起床しなければならない時は、万が一に備えて目覚まし時計や携帯電話のアラーム機能を準備しておくことをお勧めします。
スポンサーリンク