年齢別必要睡眠時間 目安

年齢別必要睡眠時間はありますが、あくまでも目安にします

スポンサーリンク

年齢別必要睡眠時間について考える前に、睡眠とは何か、を科学してみましょう。
睡眠は心身を休息させ、成長や新陳代謝を促進することに関わっています。
また、免疫力や人間が本来持つ治癒力の向上、ストレスの軽減にも効果があるとされています。
裏を返せば、睡眠不足は短期間では体調や精神的なバランスを崩すことになり、それが長期間に及べば成長にも悪影響が及び抑うつ状態に陥る危険性も増すことになります。
更には、集中力や記憶力まで低下するに至ることで、重大な事故を起こす可能性さえ高まってしまうのです。
睡眠の重要性については今更ながら申し上げるまでも無いことかもしれません。
誰でもゆっくり寝られるのであればそうしたい、というのは人間が本来持つ欲求だからです。
しかしながら、忙しい現代人にとっていつまでも寝ていられる贅沢は許されません。
そこで知りたいのが、年齢別必要睡眠時間の目安という訳です。
それを満たすという事は、安心感も手に入れることが出来るという事だからです。
スポンサーリンク

寝る子は育つ、と言われていますが、実際にはどの程度の睡眠時間が必要なのでしょうか。
アメリカの研究機関によれば、就学前の乳幼児で12〜15時間、就学後から青年期までで8〜11時間、それ以降は7〜9時間となっています。
しかしながら、個人差もありますし、国毎に抱える事情が異なることからあくまでも目安と考えるのが適当でしょう。
忙しい毎日を過ごし、世界最悪の水準となるほど睡眠時間を取ることが出来ない日本人であれば尚更に、睡眠時間をコントロールできる青年期以降は、睡眠の質も念頭に置くことが求められます。
要するに熟睡する方法の検討・導入です。
熟睡するためには睡眠サイクルを固定し、起床時間は一定にする事が原則です。
また、出来れば起床時に太陽光を浴びて体内時計を次回の睡眠導入に繋がるようリセットします。
更に、睡眠前には温めの入浴をすることや軽い体操などで体温を上げておくことも効果的とされています。
睡眠が脳の働きや肉体の成長に及ぼす影響を考えれば、年齢別必要睡眠時間は乳幼児や青年期未満の年代にとっては重要な指針として目標にする必要があります。
一方で、青年期以降では自己責任の下一つの目安と捉えつつ、熟睡する事を優先させることで充実した一日が過ごせることになるでしょう。
スポンサーリンク