睡眠時間 年齢

年齢が若いときに比べて変化していく睡眠時間

スポンサーリンク

睡眠時間の長さは人それぞれです。実際にこれという決まった睡眠時間と言うのはありません。
人の平均では乳幼児の睡眠時間は増えて高齢者では減っていく睡眠時間です。
これは年齢と共に変化しています。
赤ちゃんの頃から幼稚園になるまでの間は昼寝をすることで体力を取り戻しています。
大人になっていくと今度は仕事や学業で昼寝をする時間が短くても大丈夫になるのです。
大人は目を閉じているだけで体の疲れが取れます。
自然と年齢を重ねていくと短時間で睡眠から疲れがとれるように出来るのです。
体の作りがまだ完璧に作られていない幼児の場合は体力の回復を睡眠時間を多く取り補充しているのです。
これは脳の機能を使ったあと効率よく元の状態に戻す事が出来ないので多くの時間が必要となるのです。
スポンサーリンク

年齢を重ねると短時間で熟睡する方法が自然と身に付きます。
子供の場合は睡眠を効率良く取る手段を身につけていないために長く眠ります。
このように体の機能が未熟な場合は体力を補うまでに必要な時間が増えるのです。
子供の場合は遊びに夢中になると限界に達している脳の疲れに気が付かないまま遊んでいます。
夕食時などにウトウトとしてくる場合が多いのです。
食事をすると血液が胃の方に多く流れていき脳には少なくなることから強い眠気になるのです。
すると胃に回す分の血液を脳や体全体の回復に回し次の行動の準備をはじめているのです。
大人は仕事に夢中になっていても体の中で上手く配分されています。
徹夜を出来るのは自分で時間配分を変更できるようになっているからです。
年齢により休息時間を上手く取れることから睡眠時間は変化していくのです。
スポンサーリンク