睡眠時間 偶数奇数

睡眠時間は偶数奇数どちらの時間が良いのか

スポンサーリンク

睡眠時間は6時間や8時間などの偶数時間が良いのかまたは5時間や7時間などの奇数時間が良いのかといったことがしばしば議論されます。
人間がすっきりと起きることができる睡眠時間は90分を単位として、その倍数で睡眠時間を決めると良いとされています。
なので6時間はよいですし、7時間半や9時間もすっきり起きるための睡眠時間として適していることになります。
なので偶数奇数にこだわる必要はありません。
一番は自分自身が一番ぐっすりと眠りから目覚めることができる時間を見つけることになります。
これは人によって異なります。
また眠る場所も重要であり、自分が快適な睡眠をとれる環境つくりも大事です。
寝る前にアロマをたいてリラックスしたり、自分にあった枕や布団を探すことも大事です。
人によっては固めの枕があっていたり低反発枕で眠る方があっていたりと様々です。
眠る時間の偶数奇数に限らず、眠る環境つくりにも注力することも大切です。
スポンサーリンク

眠る時間が偶数奇数どちらの時間があっているのかはその日の体調などによっても異なります。
精神的にも体力的にも元気な日はそれほど睡眠時間をとらなくても大丈夫で、奇数時間の3時間や5時間でもぐっすりと眠ることもできます。
これに対して仕事で疲れてぐったりしている日は8時間や10時間などできるだけ長い時間の睡眠をとらないとぐっすりと眠ったと感じることができませんので、その日の体調による眠る時間を把握しておくことも大切です。
ただ長い時間眠るとぐっすり眠れて快眠となるわけではありません。
元気な時に眠る時間が長いと逆に目覚めた時にだるさを感じることもあります。
なのでその日の体調と眠る時間を見極めて眠る環境をきちんと整えることで快眠することができます。
眠る前にアルコールを摂取するとよく眠れるという人はいますが、逆に眠りが浅くなる傾向にあります。
眠りに入るまでの時間ははやいのですが、実際の眠りの質は浅く快眠することは難しくなります。
スポンサーリンク