ちょうどいい睡眠時間

人より様々なちょうどいい睡眠時間

スポンサーリンク

人間は誰一人同じ人はいなく、人によってちょうどいい睡眠時間は様々です。
この時にその人ならではの時間は決まっています。
短い睡眠時間でも熟睡さえ出来れば何時間でも大丈夫といわれています。
必ず八時間から七時間取らないと不眠に入るとは決まっていないのです。
本人が目を覚ましたときに爽快感があるときと昼間に眠気が起きない時間がその人なりの睡眠時間なのです。
長く睡眠をとれば体の疲れは取れます。
激しい運動をした日は短時間で大丈夫な人でもいつもより長めの睡眠になります。
ちょうどいい睡眠時間といわれる時間はその人の体の疲れ取れる時間をいいます。
熟睡出来れば脳の中ではレム睡眠とノンレム睡眠を二時間おきに波を打つように交互に取っているのです。
これがベストな睡眠時間なのです。
スポンサーリンク

体の疲れを取ることと脳内を休ませる大切な時間がちょうどいい睡眠時間です。
この時間を取れると脳の機能は交代をしながら休みを取っています。
眠っている時間は主要な臓器に栄養や血液が流れていくように胃腸などの脳の神経の指令は休んでいます。
夕食を消化するために眠る前は胃腸に脳は集中しています。
眠ると今度は心臓や肺などの臓器に血液が行き届くように昼間異常に脳は動いています。
この時に使われているのが交感神経と副交感神経です。
生きていくために二つとも大切な役割があるのです。
睡眠中はこの働きがゆっくりとなります。
なので睡眠中は体温や血圧は下がります。
脈拍数がゆっくりになるのも眠っているからです。
もちろん脳も休んでいます。
脳波を測定すると眠っている時の脳波は起きている時より大きく変化しているのがわかるのです。
スポンサーリンク